今日もパーツの話。東京のT'sGuitarSchoolブログ。

query_builder 2021/08/25
ブログ

東京は渋谷。ギター専門の音楽教室。T'sGuitarSchoolです。


今回はエンドピン。


ストラップを取り付けるピンです。基本的にネック側とボディの一番後ろに あります。エレキギターの初代、テレキャスターは立って弾くことを前提に開発されています。

ですからエンドピンはエレキギターには必ずついています。


しかしアコースティックギターは まだネック側にないものが多いです。エンドは必ずあります。その場合はネックに新たに打ち込むか ヘッドに括り付ける形になります。


エンドピンの役目はギターのストラップの取り付けです。

なるべくハの字の大きいものをお勧めします。 ストラップのエンドピンの穴は革製のものが多いのですが本革は高価です。やはり合成皮が多いです。皮なので穴どうしても広がってきます。脱着を繰り返していると穴は広がってしまい、ストラップが抜けやすくなります。 


こうなってしまうと残念ですがそのストラップはもう使えません。


1,脱着をしないように心がける

2,ロックピンを使いエンドピンからは抜かないようにする

3,買い替えを前提として買い替える。


などなどがあります。私はロックピンです。とても肩になじむもの、そして高価なものを

使用しています。ロックピンと合わせると一万円くらかかりますが正直、10年以上も

長持ちをします。良いものを買って長持ちをさせるならもってこいですね。


もちろんファッショナブルなものを買い替えてゆくのも手です。このようにエンドピン。

簡単なパーツですがストラップと合わせて検討してください。


よろしくお願いします。


NEW

  • 渋谷です。東京の初心者向けギター教室

    query_builder 2021/09/21
  • 東京のギター教室。渋谷です。

    query_builder 2021/09/20
  • 東京は台風でした。初心者対象のギター教室。

    query_builder 2021/09/18
  • 初心者の練習。東京渋谷ギター教室。

    query_builder 2021/09/17
  • 東京のギター教室。新宿も渋谷でも。

    query_builder 2021/09/16

CATEGORY

ARCHIVE